首が回らん

いたたた。アイタタタ。

銀河丸

東京国際展示場からの帰途、
せっかくだから水上バスで帰ろうと思うも
この季節だからなのか
停泊所にはシャッターが閉まっていて
運行はないらしい。

無駄足のまま
駅まで戻るのも癪なので
少し海沿いを歩いてみた。



潮風は好き。
何だか忘れていた
自分の熱いものを
少しくすぐってくれる。



しばらく歩くと
停泊中の船。
錨を降ろしていないのに
微動だに揺れない。


f:id:gigaandjo:20160611183844j:image


f:id:gigaandjo:20160611184024j:image

銀河丸とは
壮大な名前だ。

さらに近づく


f:id:gigaandjo:20160611184138j:image

f:id:gigaandjo:20160611184237j:image

救命ボートがごっつい

f:id:gigaandjo:20160611184256j:image


何か分からないが
空にそびえ立つものが高い

f:id:gigaandjo:20160611184345j:image

f:id:gigaandjo:20160611184422j:image

夕日を背に
大胆なシルエットと
細かな線が美しい

f:id:gigaandjo:20160611184510j:image

f:id:gigaandjo:20160611184537j:image

調べてみると
この銀河丸は
航行訓練船とのこと。

大きな夢を乗せているから
銀河丸というわけかな。

足はクタクタ。
だけどいい1日でした。