首が回らん

いたたた。アイタタタ。

ビバ鉄道博物館! 秘密の空間がそこにある

f:id:gigaandjo:20160526202950j:plain
200系新幹線の連結口が開いた


子供が電車が大好きなので
こちらもいつしか鉄道好きに。
一台一台のデザインも楽しいですが
鉄道全体の歴史や、設計思想など
横にも縦にも楽しい。

で、子供には何も買わないぞ!と牽制しなが
思わず自分だけ買ってしまったのが
こちら
f:id:gigaandjo:20160526203931j:plain

誰かを愛するということについて
何が欲で、何が愛なのか
など若い時は色々考えた。

しかしこの鉄オタあるある本を読むと
欲と愛に違いなどなく
はてまた
更には己と、愛する対象にすら
違いがないのではないかとさえ
思えてくる。

この本のなかで
「見る鉄」は飛行機に乗った時、
上空から見る、その鉄道路線も好きだとある。
もはや車体など小さくてわからない高さ。
もはや単なる線。
そこに何を見出すのだろう。
光源氏にある、愛する人がさっきまでいたという
残されたわずかな気配を愛おしむような
そんな文学的なものにも通じるような、
通じないような。

というわけで
思わず買ってしまったのでした。

鉄道への愛が溢れる
鉄道博物館へぜひ一度
足を運んでみてはいかがでしょうか。