チャンバラ剣道ブログ

なまくら刀で一刀両断。斬られるのは世の中かこの俺か。

剣道 初めて区の連盟本部の稽古に参加させてもらった

普段僕は
地元の剣友会に参加し、
週一目処に稽古している。

それとは別に、区の剣道連盟が主催する稽古会が、週二回開催されていて、一度行ってみたいと思っていた。
今回機会がかあって初めて参加させてもらった。

本部には所属する子供などいないので、まあおじさんばかりの混成団体のように僕は思っていた。好きなときに来て、まあ軽く汗を書いたら休憩の、まあテニス愛好会みたいなものかと思っていた。

が違った。

始まる時間になると、先生が3人正面に座る。もうそれはそれは風格がある先生方だ。大人ばかりなのでそんなに細かいことは言われないが、みなちゃっちゃと作法をこなし、いざ面付け。

僕は予定があり、30分ほどで抜けないと行けなかったので、いの一番におじいさん先生に掛かった。するとなんのなんの、ものすごい気合と掛け声。地元の剣友会にも7段の先生が何人かいるが、こんな気迫で構えあったことがない。仲間内であるがゆえに流している。そして本部は混成団体であるがゆえ、みな真剣だ。そして本気でしごいてくれた。こちらは四十代半ばのおっさんなのにだ。まるで子供をしごくように、ビシバシ攻めてくる。完全に遊ばれている。だが打突が当たるとか当たらないとかのレベルではなく、安定した体感と足さばき、充実の気合で、こちらはまともに打つこともできないのだ。こんなに圧倒的な圧迫は本当に久しぶりの感覚だった。

結局3人の先生に稽古をつけてもらい、用事を言い訳にその場を逃げたように思えるくらい、ボロボロになって退場した。

他の人たちは、あと更にあと一時間稽古をするのだ。剣友会のせいぜい30分、実質15分の稽古なんて、そりや本部の連中には敵うわけがない。

いずれにしてもこりゃ出直しだ。昨年3段を取って、ようやく人に言えるくらいになったなんて思っていたが、もう恥ずかしくて言えない。でもうれしい。やっぱりダラダラ地稽古をしていても正直成長してる感じがしなかったのだ。剣道はしごいてもらってなんぼじゃ。久しぶりに剣道をした。

吸音マット到着!思いがけず、いい!!

マンションの下の階の人から足音がうるさい!と苦情を受けた我が家は、とりあえずAmazonで一番売れているというパネル型の吸音マットを買購入した。しかもやる気の72枚セット。

チョコレート色のチェックのようなデザインが結構うるさいかなと心配していたが、先週末なんとか通路に敷いてみると、これが意外にいい!

まず危惧していたデザインは、敷いてみると全く気にならない。それどころか、なんだか通路が広くなったように感じる。

そしてカミさんが絶賛するのは暖かさ。裸足で歩いても床が冷たくない。もちろんマンションなのでそもそもそんなに冷たい訳ではないのだが、パネルの肌触りと柔らかさが暖かさを感じさせる。これには僕も驚いた。

気になるのは細かいゴミが、パネルの下に貯まるだろうこと。まあ、それはそうだと思うが、絨毯だって同じこと。まあ運用で乗り越えていきます。

という訳で、我が家では72枚セットをあと2つ購入することにしました(笑)


カオスの我が家3

今日も、そんなにきれいじゃない我が家のお風呂で、2歳の息子がガブガブ風呂の水を飲む。

今村昌弘「屍人荘の殺人」を買った。面白い、、

まだ本当に読み初めだが、面白い。会話と全体のテンポが本当に面白い。気持ちいい。ややラノベっぽい理屈っぽいトコロもあるが、キミスイのようなざんねんな印象はなく、本島に絶妙な文体だ。

今回の本屋大賞ノミネート作では塩田武士「騙し絵の牙」も会話の面白さに一気読み死てしまったが、こちらの今村昌弘もやばそうは雰囲気だ。

子供を電車の中で座らせるママへの批判に思う

タイトルにあるような、無神経ママへの怒り記事とそれに同調するツイートが最近飛び交っていた。 
僕も子供が生まれる前は、元気の余っている子供が大人を差し置いて座ってるとは何事かと、全く、本当に今回の批判と全く同じことを考えていた。

しかし、立場変われば見方も変わるというしかないのだが、子供が生まれてからは考えを変えざるを得なくなった。

みな事情は色々あるだろうが、僕の場合は、子供が長時間立っていられず、ぐずりだし、泣き始め、挙げ句の果にはどこからともなく「うるせえ!」と怒られてしうような経験を何度もした。

子供はエネルギーが溢れているのだから座る必要はない、というのは最もなのだが、親が子供を座らせるのは、子供が疲れてしまうから、ではなく、多くの場合、子供を黙らせておくためなのだ。とにかく周りに迷惑をかけないため、本当にこれだけなのだ。

まあ、周りにすれば、それはそちらの問題でしょう、となるのかもしれないが、とにかく結局的に迷惑をかけているとわけじゃないというところは汲んでほしかったりはするが、望み過ぎだろうか?

子供を電車の中で座らせるママへの批判に思う

タイトルにあるような、無神経ママへの怒り記事とそれに同調するツイートが最近飛び交っていた。 
僕も子供が生まれる前は、元気の余っている子供が大人を差し置いて座ってるとは何事かと、全く、本当に今回の批判と全く同じことを考えていた。

しかし、立場変われば見方も変わるというしかないのだが、子供が生まれてからは考えを変えざるを得なくなった。

みな事情は色々あるだろうが、僕の場合は、子供が長時間立っていられず、ぐずりだし、泣き始め、挙げ句の果にはどこからともなく「うるせえ!」と怒られてしうような経験を何度もした。

子供はエネルギーが溢れているのだから座る必要はない、というのは最もなのだが、親が子供を座らせるのは、子供が疲れてしまうから、ではなく、多くの場合、子供を黙らせておくためなのだ。とにかく周りに迷惑をかけないため、本当にこれだけなのだ。

まあ、周りにすれば、それはそちらの問題でしょう、となるのかもしれないが、とにかく結局的に迷惑をかけているとわけじゃないというところは汲んでほしかったりはするが、望み過ぎだろうか?

2018年本屋大賞が発表された!

ついに今年の10冊が発表!

「かがみの孤城」入ったね!おめでとう!どストライクな作品だね。
「騙し絵の牙」入ったね!文芸の枠組みを超えた超エンタメ作品だね!塩田武士は2年連続なのかな?一流の仲間入りだ。
2年連続といえば小川糸、「キラキラ共和国」おめでとう!
「AX」伊坂幸太郎、常連さんだね。今回もそうだけど、ラインナップされる時いつも一番上なのは、大御所だからと思っていたけど、「あ」から始まるからなのね。
あとは知念実希人「崩れる脳を、抱きしめて」ちと恐ろしいタイトル。この人のはミステリーでありちょっとラノベっぽい雰囲気もあり絶妙な読みやすさだね。
原田ハマも2年連続?ゲルニカの人だっけ?違ったかな
セカオワの人は入らなかったなあ。先生方と書店員さんではまた感覚が違うということかな。

早速今日は帰りに本屋さんに行こうかね!